• 171 引用
  • 4 h指数
20132017

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masamune Aiharaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 7 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 171 引用
  • 4 h指数
  • 4 Article
  • 6 引用 (Scopus)

    Mitophagy is primarily due to alternative autophagy and requires the MAPK1 and MAPK14 signaling pathways

    Hirota, Y., Yamashita, S. I., Kurihara, Y., Jin, X., Aihara, M., Saigusa, T., Kang, D. & Kanki, T., 1 1 2015, : : Autophagy. 11, 2, p. 332-343 12 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 71 引用 (Scopus)

    Tor and the Sin3-Rpd3 complex regulate expression of the mitophagy receptor protein Atg32 in yeast

    Aihara, M., Jin, X., Kurihara, Y., Yoshida, Y., Matsushima, Y., Oku, M., Hirota, Y., Saigusa, T., Aoki, Y., Uchiumi, T., Yamamoto, T., Sakai, Y., Kang, D. & Kanki, T., 2014, : : Journal of cell science. 127, 14, p. 3184-3196 13 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 22 引用 (Scopus)

    Casein kinase 2 is essential for mitophagy

    Kanki, T., Kurihara, Y., Jin, X., Goda, T., Ono, Y., Aihara, M., Hirota, Y., Saigusa, T., Aoki, Y., Uchiumi, T. & Kang, D., 9 2013, : : EMBO Reports. 14, 9, p. 788-794 7 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 72 引用 (Scopus)