Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究成果 2012 2020

  • 178 引用
  • 7 h指数
  • 20 記事
  • 1 コメント/討論
  • 1 評論記事
フィルター
コメント/討論
2019

Erratum: Sphingomyelin Stereoisomers Reveal That Homophilic Interactions Cause Nanodomain Formation (Biophysical Journal (2018) 115(8) (1530–1540), (S0006349518310208), (10.1016/j.bpj.2018.08.042))

Yano, Y., Hanashima, S., Yasuda, T., Tsuchikawa, H., Matsumori, N., Kinoshita, M., Al Sazzad, M. A., Slotte, J. P. & Murata, M., 4 23 2019, : : Biophysical Journal. 116, 8, p. 1575-1576 2 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿コメント/討論

公開
Stereoisomerism
Sphingomyelins