Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masaru Tanakaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Blood-Compatible Poly(2-methoxyethyl acrylate) Induces Blebbing-like Phenomenon and Promotes Viability of Tumor Cells in Serum-Free Medium

Tsai, M. Y., Aratsu, F., Sekida, S., Kobayashi, S. & Tanaka, M., 4 20 2020, : : ACS Applied Bio Materials. 3, 4, p. 1858-1864 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Optimal plasticizer content for magnetic elastomers used for cell culture substrate

    Watanabe, M., Tanaka, Y., Murakami, D., Tanaka, M., Kawai, M. & Mitsumata, T., 1 1 2020, : : Chemistry Letters. 49, 3, p. 280-283 4 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Analyses of equilibrium water content and blood compatibility for Poly(2-methoxyethyl acrylate) by molecular dynamics simulation

    Kuo, A. T., Urata, S., Koguchi, R., Yamamoto, K. & Tanaka, M., 4 29 2019, : : polymer. 170, p. 76-84 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)

    Controlling the Hydration Structure with a Small Amount of Fluorine to Produce Blood Compatible Fluorinated Poly(2-methoxyethyl acrylate)

    Koguchi, R., Jankova, K., Tanabe, N., Amino, Y., Hayasaka, Y., Kobayashi, D., Miyajima, T., Yamamoto, K. & Tanaka, M., 6 10 2019, : : Biomacromolecules. 20, 6, p. 2265-2275 11 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 3 引用 (Scopus)

    Control of interfacial structures and anti-platelet adhesion property of blood-compatible random copolymers

    Murakami, D., Segami, Y., Ueda, T. & Tanaka, M., 1 1 2019, (受理済み/印刷中) : : Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事