• 26 引用
  • 3 h指数
20012016

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masaya Okadaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 13 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • Elderly driver retraining using automatic evaluation system of safe driving skill

    Tada, M., Noma, H., Utsumi, A., Segawa, M., Okada, M. & Renge, K., 2014, : : IET Intelligent Transport Systems. 8, 3, p. 266-272 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 6 引用 (Scopus)

    Formative assessment method of real-world learning by integrating heterogeneous elements of behavior, knowledge, and the environment

    Okada, M. & Tada, M., 1 1 2014, LAK 2014: 4th International Conference on Learning Analytics and Knowledge. Association for Computing Machinery, p. 1-10 10 p. (ACM International Conference Proceeding Series).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

  • 3 引用 (Scopus)
  • Understanding spatial contexts of the real world under explicit or tacit roles of location

    Okada, M. & Tada, M., 1 1 2013, Proceedings of the 25th Australian Computer-Human Interaction Conference: Augmentation, Application, Innovation, Collaboration, OzCHI 2013. Association for Computing Machinery, p. 345-354 10 p. (Proceedings of the 25th Australian Computer-Human Interaction Conference: Augmentation, Application, Innovation, Collaboration, OzCHI 2013).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言