• 279 引用
  • 9 h指数
20092020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Mitsuru Arimaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 12 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 279 引用
  • 9 h指数
  • 25 記事
  • 2 レター
  • 2 評論記事

Claudin-5 redistribution induced by inflammation leads to anti-VEGF–resistant diabetic macular edema

Arima, M., Nakao, S., Yamaguchi, M., Feng, H., Fujii, Y., Shibata, K., Wada, I., Kaizu, Y., Ahmadieh, H., Ishibashi, T., Stitt, A. W. & Sonoda, K. H., 5 1 2020, : : Diabetes. 69, 5, p. 981-999 19 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Gastrointestinal symptoms as an extended clinical feature of Pierson syndrome: A case report and review of the literature

    Nishiyama, K., Kurokawa, M., Torio, M., Sakai, Y., Arima, M., Tsukamoto, S., Obata, S., Minamikawa, S., Nozu, K., Kaku, N., Maehara, Y., Sonoda, K. H., Taguchi, T. & Ohga, S., 4 15 2020, : : BMC Medical Genetics. 21, 1, 80.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

    公開
  • Microaneurysm Imaging Using Multiple En Face OCT Angiography Image Averaging: Morphology and Visualization

    Kaizu, Y., Nakao, S., Wada, I., Arima, M., Yamaguchi, M., Ishikawa, K., Akiyama, M., Kishimoto, J., Hisatomi, T. & Sonoda, K. H., 2 2020, : : Ophthalmology Retina. 4, 2, p. 175-186 12 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)
    公開
  • Periostin and tenascin-C interaction promotes angiogenesis in ischemic proliferative retinopathy

    Kubo, Y., Ishikawa, K., Mori, K., Kobayashi, Y., Nakama, T., Arima, M., Nakao, S., Hisatomi, T., Haruta, M., Sonoda, K. H. & Yoshida, S., 12 1 2020, : : Scientific reports. 10, 1, 9299.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開