• 1696 引用
  • 22 h指数
19982020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Motohiro Taniが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Mitochondrial reactive oxygen species-mediated cytotoxicity of intracellularly accumulated dihydrosphingosine in the yeast Saccharomyces cerevisiae

Arita, N., Sakamoto, R. & Tani, M., 1 1 2020, (受理済み/印刷中) : : FEBS Journal.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Mannosylinositol phosphorylceramides and ergosterol coodinately maintain cell wall integrity in the yeast Saccharomyces cerevisiae

    Tanaka, S. & Tani, M., 7 2018, : : FEBS Journal. 285, 13, p. 2405-2427 23 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿編集

  • 7 引用 (Scopus)

    Overexpression of PDR16 confers resistance to complex sphingolipid biosynthesis inhibitor aureobasidin A in yeast Saccharomyces cerevisiae

    Katsuki, Y., Yamaguchi, Y. & Tani, M., 2 1 2018, : : FEMS microbiology letters. 365, 3, fnx255.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Protection mechanisms against aberrant metabolism of sphingolipids in budding yeast

    Tani, M. & Funato, K., 10 1 2018, : : Current Genetics. 64, 5, p. 1021-1028 8 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

  • 6 引用 (Scopus)

    Protective role of the HOG pathway against the growth defect caused by impaired biosynthesis of complex sphingolipids in yeast Saccharomyces cerevisiae

    Yamaguchi, Y., Katsuki, Y., Tanaka, S., Kawaguchi, R., Denda, H., Ikeda, T., Funato, K. & Tani, M., 2 1 2018, : : Molecular Microbiology. 107, 3, p. 363-386 24 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 7 引用 (Scopus)