• 994 引用
  • 17 h指数
20032020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Nakaya Michioが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 5 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 994 引用
  • 17 h指数
  • 30 記事
  • 9 評論記事
  • 1
  • 1 コメント/討論

Leukotriene B4 receptor 1 exacerbates inflammation following myocardial infarction

Horii, Y., Nakaya, M., Ohara, H., Nishihara, H., Watari, K., Nagasaka, A., Nakaya, T., Sugiura, Y., Okuno, T., Koga, T., Tanaka, A., Yokomizo, T. & Kurose, H., 6 1 2020, : : FASEB Journal. 34, 6, p. 8749-8763 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • Pancreatic carcinoma metastasis to a lung carcinoma lesion and pulmonary fibrotic regions, overtaking the stromal microenvironment: A case report

    Nakaya, T., Sogabe, M., Yamamoto, S. I., Tsuji, K., Nakaya, M., Niki, T., Endo, S. & Tanaka, A., 6 1 2019, : : Medicine (United States). 98, 24, e15888.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • The roles of inhibitory smads in cancer progression

    Hironaka, T., Ohba, Y., Kurose, H. & Nakaya, M., 1 1 2019, : : Folia Pharmacologica Japonica. 154, 1, 1 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿コメント/討論

    Complex formation between the vasopressin 1b receptor, β-arrestin-2, and the μ-opioid receptor underlies morphine tolerance

    Koshimizu, T. A., Honda, K., Nagaoka-Uozumi, S., Ichimura, A., Kimura, I., Nakaya, M., Sakai, N., Shibata, K., Ushijima, K., Fujimura, A., Hirasawa, A., Kurose, H., Tsujimoto, G., Tanoue, A. & Takano, Y., 6 1 2018, : : Nature Neuroscience. 21, 6, p. 820-833 14 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 7 引用 (Scopus)

    The MAPK Erk5 is necessary for proper skeletogenesis involving a smurf-smad-Sox9 molecular axis

    Iezaki, T., Fukasawa, K., Horie, T., Park, G., Robinson, S., Nakaya, M., Fujita, H., Onishi, Y., Ozaki, K., Kanayama, T., Hiraiwa, M., Kitaguchi, Y., Kaneda, K., Yoneda, Y., Takarada, T., Guo, X. E., Kurose, H. & Hinoi, E., 7 15 2018, : : Development (Cambridge). 145, 14, dev164004.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 3 引用 (Scopus)