• 1557 引用
  • 22 h指数
19972019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Norihisa Ueharaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1557 引用
  • 22 h指数
  • 57 記事
  • 5 評論記事
  • 1 コメント/討論
  • 1 引用 (Scopus)

    Osteoblast lineage-specific cell-surface antigen (A7) regulates osteoclast recruitment and calcification during bone remodeling

    Badawy, T., Kyumoto-Nakamura, Y., Uehara, N., Zhang, J., Sonoda, S., Hiura, H., Yamaza, T., Kukita, A. & Kukita, T., 6 1 2019, : : Laboratory Investigation. 99, 6, p. 866-884 19 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)

    Exogenous nitric oxide stimulates the odontogenic differentiation of rat dental pulp stem cells

    Sonoda, S., Mei, Y. F., Atsuta, I., Danjo, A., Yamaza, H., Hama, S., Nishida, K., Tang, R., Kyumoto-Nakamura, Y., Uehara, N., Kukita, T., Nishimura, F. & Yamaza, T., 12 1 2018, : : Scientific reports. 8, 1, 3419.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 5 引用 (Scopus)

    IL-1β induces pathologically activated osteoclasts bearing extremely high levels of resorbing activity: A possible pathological subpopulation of osteoclasts, accompanied by suppressed expression of kindlin-3 and Talin-1

    Shiratori, T., Kyumoto-Nakamura, Y., Kukita, A., Uehara, N., Zhang, J., Koda, K., Kamiya, M., Badawy, T., Tomoda, E., Xu, X., Yamaza, T., Urano, Y., Koyano, K. & Kukita, T., 1 1 2018, : : Journal of Immunology. 200, 1, p. 218-228 11 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 12 引用 (Scopus)

    Suppression of AKT-mTOR signal pathway enhances osteogenic/dentinogenic capacity of stem cells from apical papilla

    Tanaka, Y., Sonoda, S., Yamaza, H., Murata, S., Nishida, K., Hama, S., Kyumoto-Nakamura, Y., Uehara, N., Nonaka, K., Kukita, T. & Yamaza, T., 11 29 2018, : : Stem Cell Research and Therapy. 9, 1, 334.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 8 引用 (Scopus)