• 779 引用
  • 17 h指数
20052019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Ryoko Sendaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 7 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 779 引用
  • 17 h指数
  • 46 記事
  • 2

Identifying volatile mantle trend with the water–fluorine–cerium systematics of basaltic glass

Shimizu, K., Ito, M., Chang, Q., Miyazaki, T., Ueki, K., Toyama, C., Senda, R., Vaglarov, B. S., Ishikawa, T. & Kimura, J. I., 9 20 2019, : : Chemical Geology. 522, p. 283-294 12 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • 1 引用 (Scopus)

    New Olivine Reference Material for In Situ Microanalysis

    Batanova, V. G., Thompson, J. M., Danyushevsky, L. V., Portnyagin, M. V., Garbe-Schönberg, D., Hauri, E., Kimura, J. I., Chang, Q., Senda, R., Goemann, K., Chauvel, C., Campillo, S., Ionov, D. A. & Sobolev, A. V., 1 1 2019, : : Geostandards and Geoanalytical Research. 43, 3, p. 453-473 21 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 4 引用 (Scopus)

    Clinopyroxene and bulk rock Sr–Nd–Hf–Pb isotope compositions of Raivavae ocean island basalts: Does clinopyroxene record early stage magma chamber processes?

    Miyazaki, T., Hanyu, T., Kimura, J. I., Senda, R., Vaglarov, B. S., Chang, Q., Hirahara, Y., Takahashi, T., Kawabata, H. & Sato, T., 4 5 2018, : : Chemical Geology. 482, p. 18-31 14 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 4 引用 (Scopus)

    Did boninite originate from the heterogeneous mantle with recycled ancient slab?

    Umino, S., Kanayama, K., Kitamura, K., Tamura, A., Ishizuka, O., Senda, R. & Arai, S., 1 2018, : : Island Arc. 27, 1, e12221.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 7 引用 (Scopus)

    Recycled ancient ghost carbonate in the Pitcairn mantle plume

    Wang, X. J., Chen, L. H., Hofmann, A. W., Hanyu, T., Kawabata, H., Zhong, Y., Xie, L. W., Shi, J. H., Miyazaki, T., Hirahara, Y., Takahashi, T., Senda, R., Chang, Q., Vaglarov, B. S. & Kimura, J. I., 1 1 2018, : : Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 115, 35, p. 8682-8687 6 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 12 引用 (Scopus)