• 184 引用
  • 6 h指数
20122020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Ryusuke Hataeが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 12 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 184 引用
  • 6 h指数
  • 25 記事

A case of diffuse midline glioma, H3 K27M mutant mimicking a hemispheric malignant glioma in an elderly patient

Fujioka, Y., Hata, N., Hatae, R., Suzuki, S. O., Sangatsuda, Y., Nakahara, Y., Mizoguchi, M. & Iihara, K., 2 1 2020, : : Neuropathology. 40, 1, p. 99-103 5 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Correlation between prognosis of glioblastoma and choline/N-acetyl aspartate ratio in MR spectroscopy

    Akagi, Y., Noguchi, N., Hata, N., Hatae, R., Michiwaki, Y., Sangatsuda, Y., Amemiya, T., Kuga, D., Yamashita, K., Togao, O., Hiwatashi, A., Yoshimoto, K., Mizoguchi, M. & Iihara, K., 12 2019, : : Interdisciplinary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management. 18, 100498.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • Predicting TERT promoter mutation using MR images in patients with wild-type IDH1 glioblastoma

    Yamashita, K., Hatae, R., Hiwatashi, A., Togao, O., Kikuchi, K., Momosaka, D., Yamashita, Y., Kuga, D., Hata, N., Yoshimoto, K., Suzuki, S. O., Iwaki, T., Iihara, K. & Honda, H., 7 1 2019, : : Diagnostic and Interventional Imaging. 100, 7-8, p. 411-419 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事