• 764 引用
  • 7 h指数
20062016

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Satoshi Fujimotoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 764 引用
  • 7 h指数
  • 8 記事

Distorted Coarse Axon Targeting and Reduced Dendrite Connectivity Underlie Dysosmia after Olfactory Axon Injury

Murai, A., Iwata, R., Fujimoto, S., Aihara, S., Tsuboi, A., Muroyama, Y., Saito, T., Nishizaki, K. & Imai, T., 10 28 2016, : : eNeuro. 3, 5

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 3 引用 (Scopus)

    Super-Resolution Mapping of Neuronal Circuitry With an Index-Optimized Clearing Agent

    Ke, M. T., Nakai, Y., Fujimoto, S., Takayama, R., Yoshida, S., Kitajima, T. S., Sato, M. & Imai, T., 3 22 2016, : : Cell Reports. 14, 11, p. 2718-2732 15 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 90 引用 (Scopus)

    SeeDB: A simple and morphology-preserving optical clearing agent for neuronal circuit reconstruction

    Ke, M. T., Fujimoto, S. & Imai, T., 8 1 2013, : : Nature Neuroscience. 16, 8, p. 1154-1161 8 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 453 引用 (Scopus)

    Ephexin4 and EphA2 mediate cell migration through a RhoG-dependent mechanism

    Hiramoto-Yamaki, N., Takeuchi, S., Ueda, S., Harada, K., Fujimoto, S., Negishi, M. & Katoh, H., 8 9 2010, : : Journal of Cell Biology. 190, 3, p. 461-477 17 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 86 引用 (Scopus)

    Plexin-B1 is a GTPase activating protein for M-Ras, remodelling dendrite morphology

    Saito, Y., Oinuma, I., Fujimoto, S. & Negishi, M., 5 18 2009, : : EMBO Reports. 10, 6, p. 614-621 8 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 56 引用 (Scopus)