Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Satoshi Kojoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 9 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1713 引用
  • 18 h指数
  • 33 記事
  • 3 小調査
  • 3 評論記事
  • 1 コメント/討論

Constitutive CD8 expression drives innate CD8+ T-cell differentiation via induction of iNKT2 cells

Kojo, S., Ohno-Oishi, M., Wada, H., Nieke, S., Seo, W., Muroi, S. & Taniuchi, I., 1 1 2020, : : Life Science Alliance. 3, 2, e202000642.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • Runx-mediated regulation of CCL5 via antagonizing two enhancers influences immune cell function and anti-tumor immunity

    Seo, W., Shimizu, K., Kojo, S., Okeke, A., Kohwi-Shigematsu, T., Fujii, S. I. & Taniuchi, I., 12 1 2020, : : Nature communications. 11, 1, 1562.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • Author Correction: Runx/Cbfβ complexes protect group 2 innate lymphoid cells from exhausted-like hyporesponsiveness during allergic airway inflammation (Nature Communications, (2019), 10, 1, (447), 10.1038/s41467-019-08365-0)

    Miyamoto, C., Kojo, S., Yamashita, M., Moro, K., Lacaud, G., Shiroguchi, K., Taniuchi, I. & Ebihara, T., 12 1 2019, : : Nature communications. 10, 1, 1075.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿コメント/討論

    公開
  • Runx/Cbfβ complexes protect group 2 innate lymphoid cells from exhausted-like hyporesponsiveness during allergic airway inflammation

    Miyamoto, C., Kojo, S., Yamashita, M., Moro, K., Lacaud, G., Shiroguchi, K., Taniuchi, I. & Ebihara, T., 12 1 2019, : : Nature communications. 10, 1, 447.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 7 引用 (Scopus)

    Cbfβ2 controls differentiation of and confers homing capacity to prethymic progenitors

    Tenno, M., Kojo, S., Lawir, D. F., Hess, I., Shiroguchi, K., Ebihara, T., Endo, T. A., Muroi, S., Satoh, R., Kawamoto, H., Boehm, T. & Taniuchi, I., 2 1 2018, : : Journal of Experimental Medicine. 215, 2, p. 595-610 16 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 4 引用 (Scopus)