• 5486 引用
  • 36 h指数
1984 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Seiji Nakamuraが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 19 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Activated M2 Macrophages Contribute to the Pathogenesis of IgG4-Related Disease via Toll-like Receptor 7/Interleukin-33 Signaling

Ishiguro, N., Moriyama, M., Furusho, K., Furukawa, S., Shibata, T., Murakami, Y., Chinju, A., Haque, A. S. M. R., Gion, Y., Ohta, M., Maehara, T., Tanaka, A., Yamauchi, M., Sakamoto, M., Mochizuki, K., Ono, Y., Hayashida, J. N., Sato, Y., Kiyoshima, T., Yamamoto, H. および2人, Miyake, K. & Nakamura, S., 1 1 2020, : : Arthritis and Rheumatology. 72, 1, p. 166-178 13 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • 2 引用 (Scopus)
    公開
  • Cytokeratin 19 as a biomarker of highly invasive oral squamous cell carcinoma with metastatic potential

    Tanaka, S., Kawano, S., Hattori, T., Matsubara, R., Sakamoto, T., Hashiguchi, Y., Kaneko, N., Mikami, Y., Morioka, M., Maruse, Y., Kitamura, R., Hamada, E., Hiwatashi, M., Oobu, K., Kiyoshima, T. & Nakamura, S., 1 2020, : : Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 32, 1, p. 1-7 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Elevated expression of protease-activated receptor 1 via ΔNp63 down-regulation contributes to nodal metastasis in oral squamous cell carcinoma

    Hattori, T., Kawano, S., Tanaka, S., Matsubara, R., Sakamoto, T., Hashiguchi, Y., Kaneko, N., Mikami, Y., Morioka, M., Maruse, Y., Kitamura, R., Hamada, E., Hiwatashi, M., Oobu, K., Kiyoshima, T. & Nakamura, S., 1 1 2020, (受理済み/印刷中) : : International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 公開