• 113 引用
  • 3 h指数
20172020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Shingo Yoshizakiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 9 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 113 引用
  • 3 h指数
  • 8 記事

The beneficial aspects of spasticity in relation to ambulatory ability in mice with spinal cord injury

Yoshizaki, S., Yokota, K., Kubota, K., Saito, T., Tanaka, M., Konno, D. J., Maeda, T., Matsumoto, Y., Nakashima, Y. & Okada, S., 5 1 2020, : : Spinal Cord. 58, 5, p. 537-543 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Macrophage centripetal migration drives spontaneous healing process after spinal cord injury

    Kobayakawa, K., Ohkawa, Y., Yoshizaki, S., Tamaru, T., Saito, T., Kijima, K., Yokota, K., Hara, M., Kubota, K., Matsumoto, Y., Harimaya, K., Ozato, K., Masuda, T., Tsuda, M., Tamura, T., Inoue, K., Reggie Edgerton, V., Iwamoto, Y., Nakashima, Y. & Okada, S., 5 15 2019, : : Science Advances. 5, 5, eaav5086.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 4 引用 (Scopus)

    Primary extradural malignant melanoma of the spine: A case report

    Yoshizaki, S., Inokuchi, A., Hamada, T., Nishida, K., Imamura, R., Nakahara, H., Komatsu, T. & Arizono, T., 7 2019, : : Journal of Orthopaedic Science. 24, 4, p. 757-760 4 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    1 引用 (Scopus)

    The acute phase serum zinc concentration is a reliable biomarker for predicting the functional outcome after spinal cord injury

    Kijima, K., Kubota, K., Hara, M., Kobayakawa, K., Yokota, K., Saito, T., Yoshizaki, S., Maeda, T., Konno, D., Matsumoto, Y., Nakashima, Y. & Okada, S., 3 2019, : : EBioMedicine. 41, p. 659-669 11 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 5 引用 (Scopus)
    公開
  • 2 引用 (Scopus)