• 139 引用
  • 5 h指数
1986 …2020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Shinya Kijimotoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 3 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 139 引用
  • 5 h指数
  • 40 記事
  • 19 会議での発言
  • 4 論文
  • 4 Conference article
  • Inverse analysis of vocal sound source by acoustic analysis of the vocal tract

    Yokota, K., Ishikawa, S., Koba, Y. & Kijimoto, S., 1 1 2019, Proceedings of the 26th International Congress on Sound and Vibration, ICSV 2019. Canadian Acoustical Association, (Proceedings of the 26th International Congress on Sound and Vibration, ICSV 2019).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

  • Inverse analysis of vocal sound source using an analytical model of the vocal tract

    Yokota, K., Ishikawa, S., Koba, Y., Kijimoto, S. & Sugiki, S., 7 2019, : : Applied Acoustics. 150, p. 89-103 15 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Vibration analysis of viscoelastic damping material attached to a cylindrical pipe by added mass and added damping

    Yano, D., Ishikawa, S., Tanaka, K. & Kijimoto, S., 8 18 2019, : : Journal of Sound and Vibration. 454, p. 14-31 18 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 5 引用 (Scopus)

    Acoustic diagnosis of voice disturbance using an analytical model of the vocal tract

    Yokota, K., Ishikawa, S., Kijimoto, S., Koba, Y. & Sugiki, S., 1 1 2018, 25th International Congress on Sound and Vibration 2018, ICSV 2018: Hiroshima Calling. International Institute of Acoustics and Vibration, IIAV, p. 3578-3585 8 p. (25th International Congress on Sound and Vibration 2018, ICSV 2018: Hiroshima Calling; 巻数 6).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言