• 3651 引用
  • 29 h指数
20042020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Shoji Matsushimaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 26 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • Impact of hospital practice factors on mortality in patients hospitalized for heart failure in Japan ― an analysis of a large number of health records from a nationwide claims-based database, the JROAD-DPC ―

    Kaku, H., Funakoshi, K., Ide, T., Fujino, T., Matsushima, S., Ohtani, K., Higo, T., Nakai, M., Sumita, Y., Nishimura, K., Miyamoto, Y., Anzai, T. & Tsutsui, H., 1 1 2020, : : Circulation Journal. 84, 5, p. 742-753 12 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • Left ventricular noncompaction with multiple thrombi in apical aneurysm

    Yakabe, D., Matsushima, S., Uchino, S., Ohtani, K., Ide, T., Higo, T. & Tsutsui, H., 2 1 2020, : : Internal Medicine. 59, 3, p. 377-381 5 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • Spironolactone use is associated with improved outcomes in heart failure with mid-range ejection fraction

    Enzan, N., Matsushima, S., Ide, T., Kaku, H., Higo, T., Tsuchihashi-Makaya, M. & Tsutsui, H., 2 1 2020, : : ESC Heart Failure. 7, 1, p. 339-347 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • Blockade of L-type Ca2+ channel attenuates doxorubicin-induced cardiomyopathy via suppression of CaMKII-NF-κB pathway

    Ikeda, S., Matsushima, S., Okabe, K., Ikeda, M., Ishikita, A., Tadokoro, T., Enzan, N., Yamamoto, T., Sada, M., Deguchi, H., Morimoto, S., Ide, T. & Tsutsui, H., 12 1 2019, : : Scientific reports. 9, 1, 9850.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 2 引用 (Scopus)