• 104 引用
  • 4 h指数
20132019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Shusuke Iwataが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 104 引用
  • 4 h指数
  • 4 Article

Fatty acid taste quality information via GPR120 in the anterior tongue of mice

Yasumatsu, K., Iwata, S., Inoue, M. & Ninomiya, Y., 5 2019, : : Acta Physiologica. 226, 1, e13215.

研究成果: Contribution to journalArticle

  • 8 引用 (Scopus)

    Glucagon-like peptide-1 is specifically involved in sweet taste transmission

    Takai, S., Yasumatsu, K., Inoue, M., Iwata, S., Yoshida, R., Shigemura, N., Yanagawa, Y., Drucker, D. J., Margolskee, R. F. & Ninomiya, Y., 6 1 2015, : : FASEB Journal. 29, 6, p. 2268-2280 13 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 33 引用 (Scopus)

    Taste transductions in taste receptor cells: Basic tastes and moreover

    Iwata, S., Yoshida, R. & Ninomiya, Y., 1 1 2014, : : Current Pharmaceutical Design. 20, 16, p. 2684-2692 9 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 28 引用 (Scopus)

    Angiotensin II modulates salty and sweet taste sensitivities

    Shigemura, N., Iwata, S., Yasumatsu, K., Ohkuri, T., Horio, N., Sanematsu, K., Yoshida, R., Margolskee, R. F. & Ninomiya, Y., 4 10 2013, : : Journal of Neuroscience. 33, 15, p. 6267-6277 11 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 35 引用 (Scopus)