• 109 引用
  • 6 h指数
20142019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takahiro Nagasawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 109 引用
  • 6 h指数
  • 8 記事
  • 3 引用 (Scopus)

    Development of anti-atypical aeromonas salmonicida monoclonal antibodies for diagnosis of “new ulcer disease⇝ in koi carp

    Somamoto, T., Maruyama, S., Nagasawa, T., Nakao, M., Sato, A., Hatta, H., Sato, M., Murakami-Yamaguchi, Y., Kizu-Mori, K., Hirakawa, Y. & Narita, H., 1 1 2018, : : Fish Pathology. 53, 1, p. 36-39 4 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Evaluation of probiotic Bacillus aerius B81e isolated from healthy hybrid catfish on growth, disease resistance and innate immunity of Pla-mong Pangasius bocourti

    Meidong, R., Khotchanalekha, K., Doolgindachbaporn, S., Nagasawa, T., Nakao, M., Sakai, K. & Tongpim, S., 2 2018, : : Fish and Shellfish Immunology. 73, p. 1-10 10 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 30 引用 (Scopus)

    Comprehensive validation of T- and B-cell deficiency in rag1-null zebrafish: Implication for the robust innate defense mechanisms of teleosts

    Tokunaga, Y., Shirouzu, M., Sugahara, R., Yoshiura, Y., Kiryu, I., Ototake, M., Nagasawa, T., Somamoto, T. & Nakao, M., 12 1 2017, : : Scientific reports. 7, 1, 7536.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 6 引用 (Scopus)

    Recombinant carp IL-4/13B stimulates in vitro proliferation of carp IgM+ B cells

    Yamaguchi, T., Miyata, S., Katakura, F., Nagasawa, T., Shibasaki, Y., Yabu, T., Fischer, U., Nakayasu, C., Nakanishi, T. & Moritomo, T., 2 1 2016, : : Fish and Shellfish Immunology. 49, p. 225-229 5 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 10 引用 (Scopus)