• 328 引用
  • 7 h指数
20022020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takao Fukudaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 328 引用
  • 7 h指数
  • 24 記事

Amelogenin Downregulates Interferon Gamma-Induced Major Histocompatibility Complex Class II Expression Through Suppression of Euchromatin Formation in the Class II Transactivator Promoter IV Region in Macrophages

Yotsumoto, K., Sanui, T., Tanaka, U., Yamato, H., Alshargabi, R., Shinjo, T., Nakao, Y., Watanabe, Y., Hayashi, C., Taketomi, T., Fukuda, T. & Nishimura, F., 4 21 2020, : : Frontiers in Immunology. 11, 709.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • 公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Dental pulp cell-derived powerful inducer of TNF-α comprises PKR containing stress granule rich microvesicles

    Suzuki, S., Fukuda, T., Nagayasu, S., Nakanishi, J., Yoshida, K., Hirata-Tsuchiya, S., Nakao, Y., Sano, T., Yamashita, A., Yamada, S., Ohta, K., Shiba, H. & Nishimura, F., 12 1 2019, : : Scientific reports. 9, 1, 3825.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 2 引用 (Scopus)

    Sprouty2 is involved in the control of osteoblast proliferation and differentiation through the FGF and BMP signaling pathways

    Taketomi, T., Onimura, T., Yoshiga, D., Muratsu, D., Sanui, T., Fukuda, T., Kusukawa, J. & Nakamura, S., 9 2018, : : Cell Biology International. 42, 9, p. 1106-1114 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)

    Adhesion attenuates respiratory burst induced by different modes of triggering in resting or LPS-primed neutrophils

    Sanui, T., Takeshita, M., Fukuda, T., Tanaka, U., Alshargabi, R., Aida, Y. & Nishimura, F., 8 2017, : : Immunobiology. 222, 8-9, p. 865-871 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 4 引用 (Scopus)