• 7149 引用
  • 54 h指数
1993 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

個人プロファイル

教育/学問資格

製薬化学, 博士(薬学), The University of Tokyo

4 1 19933 29 1996

受賞日: 3 29 1996

製薬化学, 修士, The University of Tokyo

4 1 19913 29 1993

受賞日: 3 29 1993

製薬化学, 学士, The University of Tokyo

4 1 19873 28 1991

受賞日: 3 28 1991

フィンガープリント Takashi Ohshimaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Amino Acid Schiff Base Bearing Benzophenone Imine As a Platform for Highly Congested Unnatural α-Amino Acid Synthesis

Matsumoto, Y., Sawamura, J., Murata, Y., Nishikata, T., Yazaki, R. & Ohshima, T., 5 6 2020, : : Journal of the American Chemical Society. 142, 18, p. 8498-8505 8 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

  • 1 引用 (Scopus)

    Catalytic Aerobic Cross-Dehydrogenative Coupling of Azlactones en Route to α,α-Disubstituted α-Amino Acids

    Tsuji, T., Tanaka, T., Tanaka, T., Yazaki, R. & Ohshima, T., 6 5 2020, : : Organic letters. 22, 11, p. 4164-4170 7 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 1 引用 (Scopus)

    Mechanistic studies of nickel(II)-catalyzed direct alcoholysis of 8-aminoquinoline amides

    Morimoto, H., Akkad, W., Deguchi, T. & Ohshima, T., 1 1 2020, : : Heterocycles. 101, 2, p. 471-485 15 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Recent Progress on Catalytic Addition Reactions to N-Unsubstituted Imines

    Morisaki, K., Morimoto, H. & Ohshima, T., 6 19 2020, : : ACS Catalysis. 10, 12, p. 6924-6951 28 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle