• 10 引用
  • 2 h指数
20062019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takashi Tanakaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 10 引用
  • 2 h指数
  • 4 会議での発言
  • 2 論文
  • 2 記事

An automated work observation method for shipyards using deep neural networks

Shinoda, T., Tanaka, T. & Okamoto, H., 1 1 2019.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

  • A method for extracting the work status in shipyard using deep neural networks

    Tanaka, T. & Shinoda, T., 1 1 2018.

    研究成果: 会議への寄与タイプ論文

  • 1 引用 (Scopus)
  • Risk analysis for occupational safety management at shipyard

    Shinoda, T., Tanaka, T. & Kano, Y., 9 10 2010, Proceedings of the 20th (2010) International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE-2010. p. 581-588 8 p. (Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference; 巻数 4).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

  • 5 引用 (Scopus)

    Applied chaos theory to evaluation for walking environment on occupational safety management at shipyard

    Tanaka, T. & Shinoda, T., 2009, The Proceedings of the 19th (2009) International OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE. p. 688-694 7 p.

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言