• 1964 引用
  • 17 h指数
20032018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takeshi Imaiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 7 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Bright multicolor labeling of neuronal circuits with fluorescent proteins and chemical tags

Sakaguchi, R., Leiwe, M. N. & Imai, T., 11 1 2018, : : eLife. 7, e40350.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 7 引用 (Scopus)

    Erratum to: Quartz-Seq: A highly reproducible and sensitive single-cell RNA sequencing method, reveals non-genetic gene-expression heterogeneity. [Genome Biol. 14, (2013), (R31)]

    Sasagawa, Y., Nikaido, I., Hayashi, T., Danno, H., Uno, K. D., Imai, T. & Ueda, H. R., 1 18 2017, : : Genome biology. 18, 1, 9.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿コメント/討論

  • 2 引用 (Scopus)

    Mechanosensory-Based Phase Coding of Odor Identity in the Olfactory Bulb

    Iwata, R., Kiyonari, H. & Imai, T., 12 6 2017, : : Neuron. 96, 5, p. 1139-1152.e7

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 9 引用 (Scopus)

    Distorted Coarse Axon Targeting and Reduced Dendrite Connectivity Underlie Dysosmia after Olfactory Axon Injury

    Murai, A., Iwata, R., Fujimoto, S., Aihara, S., Tsuboi, A., Muroyama, Y., Saito, T., Nishizaki, K. & Imai, T., 10 28 2016, : : eNeuro. 3, 5

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 3 引用 (Scopus)

    Super-Resolution Mapping of Neuronal Circuitry With an Index-Optimized Clearing Agent

    Ke, M. T., Nakai, Y., Fujimoto, S., Takayama, R., Yoshida, S., Kitajima, T. S., Sato, M. & Imai, T., 3 22 2016, : : Cell Reports. 14, 11, p. 2718-2732 15 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 90 引用 (Scopus)