• 819 引用
  • 11 h指数
20002020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Terukazu Sanuiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 11 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 819 引用
  • 11 h指数
  • 31 Article
  • 1 Review article
公開
  • Diabetes as a risk factor for periodontal disease—plausible mechanisms

    Polak, D., Sanui, T., Nishimura, F. & Shapira, L., 6 1 2020, : : Periodontology 2000. 83, 1, p. 46-58 13 p.

    研究成果: Contribution to journalReview article

  • 2 引用 (Scopus)

    SPOCK1 is a novel inducer of epithelial to mesenchymal transition in drug-induced gingival overgrowth

    Alshargabi, R., Sano, T., Yamashita, A., Takano, A., Sanada, T., Iwashita, M., Shinjo, T., Fukuda, T., Sanui, T., Kishida, S. & Nishimura, F., 12 1 2020, : : Scientific reports. 10, 1, 9785.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • 公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Sprouty2 is involved in the control of osteoblast proliferation and differentiation through the FGF and BMP signaling pathways

    Taketomi, T., Onimura, T., Yoshiga, D., Muratsu, D., Sanui, T., Fukuda, T., Kusukawa, J. & Nakamura, S., 9 2018, : : Cell Biology International. 42, 9, p. 1106-1114 9 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 1 引用 (Scopus)