• 359 引用
  • 11 h指数
19992020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Terumitsu Tanakaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 359 引用
  • 11 h指数
  • 58 記事
  • 13 会議での発言
  • 1 Conference article

Magnetic dynamics of quasi-Antiferromagnetic layer fabricated by 90° magnetic coupling

Horiike, S., Nagashima, G., Kurokawa, Y., Zhong, Y., Yamanoi, K., Tanaka, T., Matsuyama, K. & Yuasa, H., 4 1 2020, : : Japanese Journal of Applied Physics. 59, SG, SGGI02.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • Numerical analysis of the spin dynamics in bilayer nanodots with interlayer antiferromagnetic coupling

    Ya, X., Fukuzono, M., Tanaka, T. & Matsuyama, K., 12 1 2019, : : AIP Advances. 9, 12, 125217.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • Quasi-antiferromagnetic multilayer stacks with 90 degree coupling mediated by thin Fe oxide spacers

    Nagashima, G., Kurokawa, Y., Zhong, Y., Horiike, S., Schönke, D., Krautscheid, P., Reeve, R., Kläui, M., Inagaki, Y., Kawae, T., Tanaka, T., Matsuyama, K., Ohnishi, K., Kimura, T. & Yuasa, H., 9 7 2019, : : Journal of Applied Physics. 126, 9, 093901.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 2 引用 (Scopus)

    Controlling of Standing Spin Wave Configuration in Nanowires with Domain Wall

    Ya, X., Tanaka, T. & Matsuyama, K., 10 2 2018, 2016 International Conference of Asian Union of Magnetics Societies, ICAUMS 2016. Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc., 8479826. (2016 International Conference of Asian Union of Magnetics Societies, ICAUMS 2016).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

  • Atomistic simulation of heat-assisted linear reversal mode in nanodots with perpendicular anisotropy

    Wang, Y., Tanaka, T. & Matsuyama, K., 5 1 2017, : : AIP Advances. 7, 5, 056015.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)