• 431 引用
  • 12 h指数
20042020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Tomoyo Yasukochiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 3 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 431 引用
  • 12 h指数
  • 27 記事
  • 5 評論記事

GLP-1 signaling is required for improvement of glucose tolerance by osteocalcin

Mizokami, A., Mukai, S., Gao, J., Kawakubo-Yasukochi, T., Otani, T., Takeuchi, H., Jimi, E. & Hirata, M., 1 1 2020, : : Journal of Endocrinology. 244, 2, p. 285-296 12 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Glypican-3 gene silencing for ovarian cancer using siRNA-PLGA hybrid micelles in a murine peritoneal dissemination model

    Hazekawa, M., Nishinakagawa, T., Kawakubo-Yasukochi, T. & Nakashima, M., 3 2019, : : Journal of Pharmacological Sciences. 139, 3, p. 231-239 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 4 引用 (Scopus)

    Maternal folic acid depletion during early pregnancy increases sensitivity to squamous tumor formation in the offspring in mice

    Kawakubo-Yasukochi, T., Morioka, M., Ohe, K., Yasukochi, A., Ozaki, Y., Hazekawa, M., Nishinakagawa, T., Ono, K., Nakamura, S. & Nakashima, M., 12 1 2019, : : Journal of Developmental Origins of Health and Disease. 10, 6, p. 683-691 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Regulation of collagen type XVII expression by miR203a-3p in oral squamous cell carcinoma cells

    Yasukochi, A., Kawakubo-Yasukochi, T., Morioka, M., Hazekawa, M., Nishinakagawa, T., Ono, K., Nakashima, M. & Nakamura, S., 8 1 2019, : : Journal of biochemistry. 166, 2, p. 163-173 11 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)

    In vitro anti-inflammatory effects of the phenylbutyric acid metabolite phenylacetyl glutamine

    Hazekawa, M., Ono, K., Nishinakagawa, T., Kawakubo-Yasukochi, T. & Nakashima, M., 2018, : : Biological and Pharmaceutical Bulletin. 41, 6, p. 961-966 6 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 1 引用 (Scopus)