• 169 引用
  • 7 h指数
19962018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Toru Kitaharaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 169 引用
  • 7 h指数
  • 21 記事

Peripheral facial palsy after set-forward orthognathic surgery: A case report and review of literature

Mitate, E., Jun-Nosuke, H., Toyoshima, T., Noguchi, T., Kitahara, T., Takahashi, I., Ikebe, T. & Nakamura, S., 3 1 2018, : : Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 30, 2, p. 154-160 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Three-dimensional analysis of changes in pharyngeal airway space after mandibular setback surgery

    Kamano, E., Terajima, M., Kitahara, T. & Takahashi, I., 3 1 2017, : : Orthodontic Waves. 76, 1, p. 1-8 8 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Maximum principal strain as a criterion for prediction of orthodontic mini-implants failure in subject-specific finite element models

    Albogha, M. H., Kitahara, T., Todo, M., Hyakutake, H. & Takahashi, I., 1 2016, : : Angle Orthodontist. 86, 1, p. 24-31 8 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 7 引用 (Scopus)

    Predisposing Factors for Orthodontic Mini-Implant Failure Defined by Bone Strains in Patient-Specific Finite Element Models

    Albogha, M. H., Kitahara, T., Todo, M., Hyakutake, H. & Takahashi, I., 10 1 2016, : : Annals of Biomedical Engineering. 44, 10, p. 2948-2956 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 4 引用 (Scopus)

    Effects of extraction of four premolars on vermilion height and lip area in patients with bimaxillary protrusion

    Trisnawaty, N., Ioi, H., Kitahara, T., Suzuki, A. & Takahashi, I., 8 1 2013, : : European Journal of Orthodontics. 35, 4, p. 521-528 8 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 6 引用 (Scopus)