• 898 引用
  • 17 h指数
20062019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

8 同様のプロファイル 類似性は、竹下 徹と以下に挙げた個人のフィンガープリントのコンセプト重複を基本としています。