• 10100 引用
  • 48 h指数
1994 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Tsuda Makotoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 9 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Astrocytic phagocytosis is a compensatory mechanism for microglial dysfunction

Konishi, H., Okamoto, T., Hara, Y., Komine, O., Tamada, H., Maeda, M., Osako, F., Kobayashi, M., Nishiyama, A., Kataoka, Y., Takai, T., Udagawa, N., Jung, S., Ozato, K., Tamura, T., Tsuda, M., Yamanaka, K., Ogi, T., Sato, K. & Kiyama, H., 2020, (受理済み/印刷中) : : EMBO Journal.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開
  • Astrocytic STAT3 activation and chronic itch require IP3R1/TRPC-dependent Ca2+ signals in mice

    Shiratori, M., Yamaguchi, C., Eguchi, K., Shiraishi, Y., Kohno, K., Mikoshiba, K., Inoue, K., Nishida, M. & Tsuda, M., 2020, (受理済み/印刷中) : : Journal of Allergy and Clinical Immunology.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • 1 引用 (Scopus)
    公開
  • 1 引用 (Scopus)
  • Modulation of P2Y6R expression exacerbates pressure overload-induced cardiac remodeling in mice

    Shimoda, K., Nishimura, A., Sunggip, C., Ito, T., Nishiyama, K., Kato, Y., Tanaka, T., Tozaki-Saitoh, H., Tsuda, M. & Nishida, M., 12 1 2020, : : Scientific reports. 10, 1, 13926.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開