• 3862 引用
  • 33 h指数
1989 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Tsutomu Katayamaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Crystal structure of the complex of the interaction domains of Escherichia coli DnaB helicase and DnaC helicase loader: Structural basis implying a distortion-accumulation mechanism for the DnaB ring opening caused by DnaC binding

Nagata, K., Okada, A., Ohtsuka, J., Ohkuri, T., Akama, Y., Sakiyama, Y., Miyazaki, E., Horita, S., Katayama, T., Ueda, T. & Tanokura, M., 1 1 2020, : : Journal of biochemistry. 167, 1, p. 1-14 14 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • 公開
  • A novel mode of DnaA-DnaA interaction promotes ADP dissociation for reactivation of replication initiation activity

    Sugiyama, R., Kasho, K., Miyoshi, K., Ozaki, S., Kagawa, W., Kurumizaka, H. & Katayama, T., 12 2 2019, : : Nucleic acids research. 47, 21, p. 11209-11224 16 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 公開
  • 3 引用 (Scopus)

    Specific basic patch-dependent multimerization of Saccharomyces cerevisiae ORC on single-stranded DNA promotes ATP hydrolysis

    Kawakami, H., Muraoka, R., Ohashi, E., Kawabata, K., Kanamoto, S., Chichibu, T., Tsurimoto, T. & Katayama, T., 9 1 2019, : : Genes to Cells. 24, 9, p. 608-618 11 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事