• 1163 引用
  • 16 h指数
20062020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yasuo Moriが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 17 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Current Status and Needs of Long-Term Follow-Up Clinics for Hematopoietic Cell Transplantation Survivors: Results of a Nationwide Survey in Japan

Kurosawa, S., Mori, A., Tsukagoshi, M., Onishi, Y., Ohwada, C., Mori, T., Goto, H., Asano-Mori, Y., Nawa, Y., Hino, M., Fukuchi, T., Mori, Y., Yamahana, R., Inamoto, Y. & Fukuda, T., 5 2020, : : Biology of Blood and Marrow Transplantation. 26, 5, p. 949-955 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 公開
  • Increasing diluent volume decreases bendamustine-induced venous irritation without reducing the therapeutic efficacy

    Ishida, S., Morikawa, H., Watanabe, H., Tsuji, T., Sugio, T., Mori, Y., Miyamoto, T., Masuda, S., Akashi, K. & Egashira, N., 3 1 2020, : : Biological and Pharmaceutical Bulletin. 43, 3, p. 488-492 5 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • Measurable residual disease after the first consolidation predicts the outcomes of patients with acute promyelocytic leukemia treated with all-trans retinoic acid and chemotherapy

    for the Fukuoka Blood & Marrow Transplantation Group (FBMTG), 1 1 2020, (受理済み/印刷中) : : International journal of hematology.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Phase I/II study of bortezomib, lenalidomide, and dexamethasone treatment for relapsed and refractory multiple myeloma

    Fukuoka Blood and Marrow Transplantation Group, 5 1 2020, : : International journal of hematology. 111, 5, p. 673-680 8 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)