Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yasuyuki Ohkawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 7 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Genomic Profiling by ALaP-Seq Reveals Transcriptional Regulation by PML Bodies through DNMT3A Exclusion

Kurihara, M., Kato, K., Sanbo, C., Shigenobu, S., Ohkawa, Y., Fuchigami, T. & Miyanari, Y., 5 7 2020, : : Molecular Cell. 78, 3, p. 493-505.e8

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • The role of galanin in the differentiation of mucosal mast cells in mice

    Yamaguchi, T., Ikeda, Y., Tashiro, K., Ohkawa, Y. & Kawabata, K., 1 1 2020, : : European Journal of Immunology. 50, 1, p. 110-118 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Tyrosine kinase inhibitors induce alternative spliced BCR-ABLIns35bp variant via inhibition of RNA polymerase II on genomic BCR-ABL

    Yuda, J., Odawara, J., Minami, M., Muta, T., Kohno, K., Tanimoto, K., Eto, T., Shima, T., Kikushige, Y., Kato, K., Takenaka, K., Iwasaki, H., Minami, Y., Ohkawa, Y., Akashi, K. & Miyamoto, T., 1 1 2020, (受理済み/印刷中) : : Cancer Science.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • A chromatin integration labelling method enables epigenomic profiling with lower input

    Harada, A., Maehara, K., Handa, T., Arimura, Y., Nogami, J., Hayashi-Takanaka, Y., Shirahige, K., Kurumizaka, H., Kimura, H. & Ohkawa, Y., 2 1 2019, : : Nature Cell Biology. 21, 2, p. 287-296 10 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 19 引用 (Scopus)

    Anti-tumour effects of antimicrobial peptides, components of the innate immune system, against haematopoietic tumours in Drosophila mxc mutants

    Araki, M., Kurihara, M., Kinoshita, S., Awane, R., Sato, T., Ohkawa, Y. & Inoue, Y. H., 1 1 2019, : : DMM Disease Models and Mechanisms. 12, 6, dmm037721.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 3 引用 (Scopus)