• 31553 引用
  • 91 h指数
1989 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yoshihiro Ogawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 14 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Aberrant activation of bone marrow Ly6C high monocytes in diabetic mice contributes to impaired glucose tolerance

Ikeda, Y., Sonoda, N., Bachuluun, B., Kimura, S., Ogawa, Y. & Inoguchi, T., 2020, : : PloS one. 15, 2, e0229401.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開
  • 公開
  • Clinico-pathological characteristics of primary adrenal lymphomas–potential efficacy of autologous stem cell transplantation

    Narazaki, T., Shiratsuchi, M., Matsushima, T., Tsuda, M., Tsukamoto, Y., Muta, H., Masuda, T., Kimura, D., Takamatsu, A., Yamamoto, H., Oda, Y., Miyoshi, H., Ohshima, K., Matsuda, Y., Sakamoto, R., Nakashima, Y. & Ogawa, Y., 5 11 2020, : : Leukemia and Lymphoma. 61, 6, p. 1516-1518 3 p.

    研究成果: Contribution to journalLetter

    Coexistence of osteoporosis and atherosclerosis in pheochromocytoma: new insights into its long-term management

    the Q-AND-A study group, 2020, (受理済み/印刷中) : : Osteoporosis International.

    研究成果: Contribution to journalArticle