• 21 引用
  • 2 h指数
20082019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yoshiko Suetsuguが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 0 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 21 引用
  • 2 h指数
  • 5 記事

Use of the Stafford Interview for assessing perinatal bonding disorders

Nishikii, Y., Suetsugu, Y., Yamashita, H. & Yoshida, K., 12 15 2019, : : BMJ case reports. 12, 12, e228696.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • The Japanese version of the Postpartum Bonding Questionnaire: Examination of the reliability, validity, and scale structure

    Suetsugu, Y., Honjo, S., Ikeda, M. & Kamibeppu, K., 7 1 2015, : : Journal of Psychosomatic Research. 79, 1, p. 55-61 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 7 引用 (Scopus)

    [Analysis of parent-child sleeping and living habits related to later bedtimes in children].

    Shinkoda, H., Suetsugu, Y., Asami, E., Kato, N., Kohyama, J., Uchimura, N., Chishaki, A., Nishioka, K., Okubo, I., Matsumoto, K., Nanbu, Y. & Kaku, T., 1 1 2012, : : Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica. 103, 1, p. 12-23 12 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)

    Information-seeking experiences and decision-making roles of Japanese women with breast cancer.

    Nakashima, M., Kuroki, S., Shinkoda, H., Suetsugu, Y., Shimada, K. & Kaku, T., 6 2012, : : Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica. 103, 6, p. 120-130 11 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 12 引用 (Scopus)

    Analysis of late bedtime and influencing factors for it with respect to infants' development age and sleep behavior of parents and children

    Shinkoda, H., Matsumoto, K., Asami, E., Suetsugu, Y., Kato, N., Uchimura, N., Chishaki, A., Kaku, T., Kohyama, J., Nanbu, Y. & Nishioka, K., 12 2008, : : Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica. 99, 12, p. 246-261 16 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)