• 0 引用
  • 0 h指数
20002017

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

個人プロファイル

外部ポジション

Research Fellow, Waseda University

20132014

Assistant Professor, Institute of Economics, Hitotsubashi University

20102013

Assistant Professor, Faculty of Political Science and Economics, Waseda University

20082010

COE Research Fellow, Graduate School of Economics, The University of Tokyo

20072008

Research Associate, Graduate School of Economics, The University of Tokyo

20042007

フィンガープリント Yuka Takedaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

研究成果

Is Russia’s social policy effectively targeting poverty?

Takeda, Y., 2017.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

ロシアの生活保護政策: 貧困の現状と対策

Takeda, Y., 2016.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Nonstandard employment is a channel of inequality? A case of Russia

Takeda, Y., 2015.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

ロシアの生活保護政策: 貧困の現状と対策 (特集 ロシアの社会保障)

武田友加, 2015, : : 海外社会保障研究. 191, p. 31-41 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

活動

  • 1 Consultancy