Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究成果 2000 2017

2017

Is Russia’s social policy effectively targeting poverty?

Takeda, Y., 2017.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

2016

ロシアの生活保護政策: 貧困の現状と対策

Takeda, Y., 2016.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

2015

Nonstandard employment is a channel of inequality? A case of Russia

Takeda, Y., 2015.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

ロシアの生活保護政策: 貧困の現状と対策 (特集 ロシアの社会保障)

武田友加, 2015, : : 海外社会保障研究. 191, p. 31-41 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2013
2012

Measurement methodology of the subsistence minimum in Kazakhstan and its problems

Takeda, Y., 2012, The Methodologies of the Subsistence Minimum Determination in Kazakhstan: the Ways and Approaches to Improve. ILO, p. 14-25

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

Poverty Line in Russia

Takeda, Y., 2012, Methods for Estimating the Poverty Lines: Four Country Case Studies. ILO, p. 65-80

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

Relative poverty line (with Nakajima, K.)

Takeda, Y., 2012, The Methodologies of the Subsistence Minimum Determination in Kazakhstan: the Ways and Approaches to Improve. ILO, p. 42-44

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

Towards improving the measurement methodology of the (non-food) subsistence minimum in Kazakhstan: An analysis based on the Household Budget Survey (with Nakajima, K.)

Takeda, Y., 2012, The Methodologies of the Subsistence Minimum Determination in Kazakhstan: the Ways and Approaches to Improve. p. 26-41

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

Структура занятости на селе и личное подсобное хозяйство в период экономического роста в России

Takeda, Y., 2012, XX век и сельская Россия. Выпуск 2. CIRJE, Graduate School of Economics, The University of Tokyo, p. 250-274 (CIRJE Research Report Series; 巻数 CIRJE-R-9).

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

2011

「労働市場と社会政策」『現代ロシア経済論』

吉井昌彦, 溝端佐登史, 小西豊, 田畑伸一郎, 杉浦史和, 武田友加, 林裕明, 徳永昌弘, 堀江典生, 上垣彰, 樋渡雅人 & 家本博一, 2011, ミネルヴァ書房. (シリーズ・現代の世界経済, 4)

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

移行期ロシアの貧困と不平等:格差容認から格差是正へ

Takeda, Y., 2011, 世界の社会福祉年鑑 2011年版. 宇佐見耕一, 小谷眞男, 後藤玲子 & 原島博 (版). 旬報社, p. 21–32 (【特集】社会福祉と貧困・格差).

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

現代ロシアの貧困研究

武田友加, 2011, 東京大学出版会.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

2010
Russia
Poverty measures
Economic well-being
Equivalence scales
Food

Is Russian economic growth Pro-poor?

Takeda, Y., 2010, The Elusive Balance: Regional Powers and the Search for Sustainable Development . p. 129-142 (Comparative Studies on Regional Powers; 巻数 2).

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

Is Russian Economic Growth Pro-Poor? From Regional Perspective

Takeda, Y., 2010.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Is Russian Economic Growth Pro-Poor?

Takeda, Y., 2010.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Russian Economic Growth and its Effects on Poverty Reduction

Takeda, Y., 2010.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

2009

池本修一・岩崎一郎・杉浦史和編 『グローバリゼーションと体制移行の経済学』

武田友加, 2009, : : 比較経済研究. 46, 2, p. 54-58 5 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿著書/映画/記事の評論

2006

移行経済下ロシアの貧困緩和と貧困化の決定要因--都市と農村

武田友加, 4 2006, : : 経済学論集. 72, 1, p. 30-50 21 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2005

Временная или хроническая бедность в России?

Takeda, Y., 2005, XX век и сельская Россия. CIRJE, Graduate School of Economics, The University of Tokyo, (CIRJE Research Report Series; 巻数 CIRJE-R-2).

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

2004

1990年代ロシアの貧困動態--貧困者間の相違性の把握

武田友加, 2004, : : スラヴ研究. 51, p. 241-272 32 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2000

ロシアの金融危機とその政治経済的要因

武田友加, 1 2000, : : ロシア・ユ-ラシア経済調査資料. 811, p. 2-15 14 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

移行初期ロシアにおける不平等の固定化と貧困--貸金支払遅延と第2雇用

武田友加, 2000, : : スラヴ研究. 47, p. 71-90 20 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事