Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
20012021

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント

Yukiko Oginoが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

ネットワーク

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または
  • 11-Ketotestosterone

    Ogino, Y., Miyagawa, S. & Iguchi, T., 1月 1 2021, Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research. Elsevier, p. 921-922 2 p.

    研究成果: 書籍/レポート タイプへの寄稿

  • 17, 20β, 21-Trihydroxy-4-pregnen-3-one

    Ogino, Y., Miyagawa, S. & Iguchi, T., 1月 1 2021, Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research. Elsevier, p. 913-914 2 p.

    研究成果: 書籍/レポート タイプへの寄稿

  • 17, 20β-Dihydroxy-4-pregnen-3-one

    Ogino, Y., Miyagawa, S. & Iguchi, T., 1月 1 2021, Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research. Elsevier, p. 911-912 2 p.

    研究成果: 書籍/レポート タイプへの寄稿

  • 2, 3, 7, 8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin/polychlorinated biphenyls

    Ogino, Y., Miyagawa, S. & Iguchi, T., 1月 1 2021, Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research. Elsevier, p. 1011-1013 3 p.

    研究成果: 書籍/レポート タイプへの寄稿

  • Characterization of G protein-coupled estrogen receptors in Japanese medaka, Oryzias latipes

    Miyaoku, K., Ogino, Y., Lange, A., Ono, A., Kobayashi, T., Ihara, M., Tanaka, H., Toyota, K., Akashi, H., Yamagishi, G., Sato, T., Tyler, C. R., Iguchi, T. & Miyagawa, S., 9月 2021, In: Journal of Applied Toxicology. 41, 9, p. 1390-1399 10 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読