• 14 引用
  • 2 h指数
20112012

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yuta Yanaiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 3 同様のプロファイル

研究成果

  • 14 引用
  • 2 h指数
  • 2 記事

Retrospective study of selective submandibular neck dissection versus radical neck dissection for N0 or N1 necks in level i patients with oral squamous cell carcinoma

Yanai, Y., Sugiura, T., Imajyo, I., Yoshihama, N., Akimoto, N., Kobayashi, Y., Hayashi, K., Fujinaga, T., Shirasuna, K., Takenoshita, Y. & Mori, Y., 6 20 2012, : : Journal of Oncology. 634183.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 5 引用 (Scopus)

    Multiple schwannomas in the oral floor: Case report

    Kubota, Y., Yanai, Y., Kumamaru, W. & Mori, Y., 9 1 2011, : : British Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. 49, 6, p. e33-e35

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 9 引用 (Scopus)