内田魯庵と思想・言論弾圧への抵抗としてのロシア研究——随筆「労農政府の承認問題」(一九二三年)を中心に

Мацуэда Кана

研究成果: Contribution to journalArticle査読

寄稿の翻訳タイトルУтида Роан и его исследование России как сопративление попранию мысли и слова : его эссе «Вопрос о признание советского правительства»
本文言語日本語
ページ(範囲)69-93
ページ数25
ジャーナルHikaku Bungaku Kenkyu : Studies of Comparative Literature
104
出版ステータス出版済み - 11 2018
外部発表はい

引用スタイル