九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷

村田 育恵, 井上 幸子, 矢部 恒晶, 壁村 勇二, 鍜治 清弘, 久保田 勝義, 馬渕 哲也, 椎葉 康喜, 内海 泰弘

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抄録

本研究では1980年代以降に天然林の下層植生の変化とニホンジカによる造林地への被害が報告されている宮崎演習林において,これまでに出版,蓄積された文書データの解析と勤務職員への聞き取り調査からニホンジカの生息密度の変遷とその森林への影響を検証した。ニホンジカは1976年から1984年の間に増え始めた。生息密度の増加とともに1985年に人工林ではじめて被害が発生し,1987年より食害対策が継続されてきた。1986年には天然林の優先的な下層植生であるスズタケの消失が始まり,2001年にはその9割が消失した。スポットライトセンサスおよび糞粒法による生息密度調査の結果,宮崎演習林のニホンジカは2000年代に入っても20頭/km2以上の高い生息密度を維持しており,造林木の育成と天然林の更新に大きな影響を与え続けていることが明らかになった。
元の言語Japanese
ページ(範囲)13-24
ページ数12
ジャーナルBulletin of the Kyusyu University Forests
発行部数90
出版物ステータス出版済み - 3 2009

これを引用

村田育恵, 井上幸子, 矢部恒晶, 壁村勇二, 鍜治清弘, 久保田勝義, ... 内海泰弘 (2009). 九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷. Bulletin of the Kyusyu University Forests, (90), 13-24.

九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷. / 村田育恵; 井上幸子; 矢部恒晶; 壁村勇二; 鍜治清弘; 久保田勝義; 馬渕哲也; 椎葉康喜; 内海泰弘.

:: Bulletin of the Kyusyu University Forests, 番号 90, 03.2009, p. 13-24.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

村田育恵, 井上幸子, 矢部恒晶, 壁村勇二, 鍜治清弘, 久保田勝義, 馬渕哲也, 椎葉康喜 & 内海泰弘 2009, '九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷', Bulletin of the Kyusyu University Forests, 番号 90, pp. 13-24.
村田育恵, 井上幸子, 矢部恒晶, 壁村勇二, 鍜治清弘, 久保田勝義 その他. 九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷. Bulletin of the Kyusyu University Forests. 2009 3;(90):13-24.
村田育恵 ; 井上幸子 ; 矢部恒晶 ; 壁村勇二 ; 鍜治清弘 ; 久保田勝義 ; 馬渕哲也 ; 椎葉康喜 ; 内海泰弘. / 九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷. :: Bulletin of the Kyusyu University Forests. 2009 ; 番号 90. pp. 13-24.
@article{ae23bd76246f4141b96ca6b7cb443d52,
title = "九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷",
abstract = "本研究では1980年代以降に天然林の下層植生の変化とニホンジカによる造林地への被害が報告されている宮崎演習林において,これまでに出版,蓄積された文書データの解析と勤務職員への聞き取り調査からニホンジカの生息密度の変遷とその森林への影響を検証した。ニホンジカは1976年から1984年の間に増え始めた。生息密度の増加とともに1985年に人工林ではじめて被害が発生し,1987年より食害対策が継続されてきた。1986年には天然林の優先的な下層植生であるスズタケの消失が始まり,2001年にはその9割が消失した。スポットライトセンサスおよび糞粒法による生息密度調査の結果,宮崎演習林のニホンジカは2000年代に入っても20頭/km2以上の高い生息密度を維持しており,造林木の育成と天然林の更新に大きな影響を与え続けていることが明らかになった。",
author = "育恵 村田 and 幸子 井上 and 恒晶 矢部 and 勇二 壁村 and 清弘 鍜治 and 勝義 久保田 and 哲也 馬渕 and 康喜 椎葉 and 泰弘 内海",
year = "2009",
month = "3",
language = "Japanese",
pages = "13--24",
journal = "Bulletin of the Kyusyu University Forests",
issn = "0453-0284",
publisher = "[九州大學農學部附属演習林]",
number = "90",

}

TY - JOUR

T1 - 九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷

AU - 村田, 育恵

AU - 井上, 幸子

AU - 矢部, 恒晶

AU - 壁村, 勇二

AU - 鍜治, 清弘

AU - 久保田, 勝義

AU - 馬渕, 哲也

AU - 椎葉, 康喜

AU - 内海, 泰弘

PY - 2009/3

Y1 - 2009/3

N2 - 本研究では1980年代以降に天然林の下層植生の変化とニホンジカによる造林地への被害が報告されている宮崎演習林において,これまでに出版,蓄積された文書データの解析と勤務職員への聞き取り調査からニホンジカの生息密度の変遷とその森林への影響を検証した。ニホンジカは1976年から1984年の間に増え始めた。生息密度の増加とともに1985年に人工林ではじめて被害が発生し,1987年より食害対策が継続されてきた。1986年には天然林の優先的な下層植生であるスズタケの消失が始まり,2001年にはその9割が消失した。スポットライトセンサスおよび糞粒法による生息密度調査の結果,宮崎演習林のニホンジカは2000年代に入っても20頭/km2以上の高い生息密度を維持しており,造林木の育成と天然林の更新に大きな影響を与え続けていることが明らかになった。

AB - 本研究では1980年代以降に天然林の下層植生の変化とニホンジカによる造林地への被害が報告されている宮崎演習林において,これまでに出版,蓄積された文書データの解析と勤務職員への聞き取り調査からニホンジカの生息密度の変遷とその森林への影響を検証した。ニホンジカは1976年から1984年の間に増え始めた。生息密度の増加とともに1985年に人工林ではじめて被害が発生し,1987年より食害対策が継続されてきた。1986年には天然林の優先的な下層植生であるスズタケの消失が始まり,2001年にはその9割が消失した。スポットライトセンサスおよび糞粒法による生息密度調査の結果,宮崎演習林のニホンジカは2000年代に入っても20頭/km2以上の高い生息密度を維持しており,造林木の育成と天然林の更新に大きな影響を与え続けていることが明らかになった。

M3 - 記事

SP - 13

EP - 24

JO - Bulletin of the Kyusyu University Forests

JF - Bulletin of the Kyusyu University Forests

SN - 0453-0284

IS - 90

ER -