博物館標本3DデータのMTA(有体物移転契約)による提供

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抄録

九州大学総合研究博物館は収蔵品のデジタルデータ保存やデジタルコンテンツでの活用のため、骨格標本の3Dデータ化を進めてきた。博物館の権利を保護しながら、営利利用等も含めた幅広い利用者のニーズに応えるには、従来の知的財産権の考え方では不十分である。
元の言語Japanese
ページ(範囲)34-35
ページ数2
ジャーナル産学官連携ジャーナル
11
発行部数1
出版物ステータス出版済み - 1 15 2015

これを引用

博物館標本3DデータのMTA(有体物移転契約)による提供. / 松本隆史; 深見克哉; 三島美佐子.

:: 産学官連携ジャーナル, 巻 11, 番号 1, 15.01.2015, p. 34-35.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

@article{fd1574d6270945158766fdb311d20327,
title = "博物館標本3DデータのMTA(有体物移転契約)による提供",
abstract = "九州大学総合研究博物館は収蔵品のデジタルデータ保存やデジタルコンテンツでの活用のため、骨格標本の3Dデータ化を進めてきた。博物館の権利を保護しながら、営利利用等も含めた幅広い利用者のニーズに応えるには、従来の知的財産権の考え方では不十分である。",
author = "隆史 松本 and 克哉 深見 and 美佐子 三島",
year = "2015",
month = "1",
day = "15",
language = "Japanese",
volume = "11",
pages = "34--35",
journal = "産学官連携ジャーナル",
publisher = "科学技術振興機構",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - 博物館標本3DデータのMTA(有体物移転契約)による提供

AU - 松本, 隆史

AU - 深見, 克哉

AU - 三島, 美佐子

PY - 2015/1/15

Y1 - 2015/1/15

N2 - 九州大学総合研究博物館は収蔵品のデジタルデータ保存やデジタルコンテンツでの活用のため、骨格標本の3Dデータ化を進めてきた。博物館の権利を保護しながら、営利利用等も含めた幅広い利用者のニーズに応えるには、従来の知的財産権の考え方では不十分である。

AB - 九州大学総合研究博物館は収蔵品のデジタルデータ保存やデジタルコンテンツでの活用のため、骨格標本の3Dデータ化を進めてきた。博物館の権利を保護しながら、営利利用等も含めた幅広い利用者のニーズに応えるには、従来の知的財産権の考え方では不十分である。

M3 - 記事

VL - 11

SP - 34

EP - 35

JO - 産学官連携ジャーナル

JF - 産学官連携ジャーナル

IS - 1

ER -