大気エアロゾル予測システムの開発

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

抄録

全球3次元エアロゾル気候モデルSPRINTARSを用いて,1週間先までの大気中のエアロゾル分布を予測するシステムを開発した(http://sprintars.net/).1日1回運用され,ホームページ上では,全球およびアジア域のエアロゾル分布予測の動画を閲覧できる他,日本各地のエアロゾル濃度は4段階に分類することにより,一般にも理解しやすい表現を採っている.アジア大陸での急速な経済発展に伴う日本への越境大気汚染の増大が懸念されており,本システムが日々の社会活動にとって有益な情報を作成することが期待される.
寄稿の翻訳タイトルDevelopment of Forecasting System for Atmospheric Aerosols
本文言語日本語
ページ(範囲)455-461
ページ数7
ジャーナル天気
56
6
出版ステータス出版済み - 6月 30 2009
外部発表はい

引用スタイル