応答の人類学-歴史との対話:Anthropology of Responce-ability:A Dialogue with Histories

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」では、6年で36回の研究会を主催し、100本以上の発表に250名以上の参加者を得てきたが、そこで問題にされてきた一つが過去の「応用」「実用」「実践」の人類学との異同であった。そこで今回はその一つの試みとして、応用人類学、特に第二次世界大戦期前後のグレゴリー・ベイトソンとOSS(戦略諜報局)との関係を事例に取り上げ、おお対話を試みたいと思う。
本文言語Japanese
ページ(範囲)96
ジャーナル日本文化人類学会研究大会発表要旨集
2018
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2018

引用スタイル