書評 大津留厚著『捕虜が働くとき:第一次世界大戦・総力戦の狭間で』

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

元の言語Japanese
ページ(範囲)1220-1221
ページ数2
ジャーナル史學雜誌
123
発行部数6
出版物ステータス出版済み - 6 20 2014

これを引用

書評 大津留厚著『捕虜が働くとき:第一次世界大戦・総力戦の狭間で』. / 今井宏昌.

:: 史學雜誌, 巻 123, 番号 6, 20.06.2014, p. 1220-1221.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

@article{98bc8370a7ad41eda915e7db753f7a0c,
title = "書評 大津留厚著『捕虜が働くとき:第一次世界大戦・総力戦の狭間で』",
author = "宏昌 今井",
year = "2014",
month = "6",
day = "20",
language = "Japanese",
volume = "123",
pages = "1220--1221",
journal = "史學雜誌",
issn = "0018-2478",
publisher = "公益財団法人史学会",
number = "6",

}

TY - JOUR

T1 - 書評 大津留厚著『捕虜が働くとき:第一次世界大戦・総力戦の狭間で』

AU - 今井, 宏昌

PY - 2014/6/20

Y1 - 2014/6/20

UR - http://ci.nii.ac.jp/naid/110010006330

M3 - 記事

VL - 123

SP - 1220

EP - 1221

JO - 史學雜誌

JF - 史學雜誌

SN - 0018-2478

IS - 6

ER -