書評 迎由理男/永江眞夫編著『近代福岡博多の企業者活動』

研究成果: ジャーナルへの寄稿書籍/フィルム/記事の評論

抄録

黒田長政入城以前からの商人町である博多と、入城以後の武家街を中心とした福岡とは、中洲によって結ばれ多様なアイデンティティを包みこむ都市(福博)となった。その福博の近代における工業化・産業化に果たした企業家の役割に関する論文集に対する書評。福岡と博多という2つのアイデンティティよりも、河内卯兵衛ら繊維商グループと太田清蔵らのグループとの合従連衡の関係により着目した方が、近代福博の多様性を抽出出来るのではないかと指摘した。
本文言語日本語
ページ(範囲)123-126
ページ数4
ジャーナルエネルギー史研究
24
DOI
出版ステータス出版済み - 3月 2009

引用スタイル