歴史資料・資源としての木簡—長岡京の場合

研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

本文言語日本語
ホスト出版物のタイトル交響する古代II国際的日本古代学の展開
出版社Research Institute for Ancient Japanese Studies, Meiji University
ページ35–40
出版ステータス出版済み - 2012

引用スタイル