災害対応に要する時間の推定モデル-複数のパスからなる災害対応への適用-

Hideaki Mizuno, Toshihiro TERUNUMA, Haruo NISHIMOTO

研究成果: Contribution to journalArticle査読

本文言語日本語
ページ(範囲)167-178
ページ数12
ジャーナル自然災害科学
36
2
出版ステータス出版済み - 6 1 2017

引用スタイル