発話・慣習・社会知に基づいた「まとまり」の認知 : 「NをV」の定型性の分析と比較

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

元の言語Japanese
ページ(範囲)379-415
ページ数37
ジャーナル認知言語学論考
発行部数12
出版物ステータス出版済み - 2015

これを引用

@article{dfb2a19e4b3c4f92943c535d112aa333,
title = "発話・慣習・社会知に基づいた「まとまり」の認知 : 「NをV」の定型性の分析と比較",
author = "智行 土屋",
year = "2015",
language = "Japanese",
pages = "379--415",
journal = "認知言語学論考",
publisher = "ひつじ書房",
number = "12",

}

TY - JOUR

T1 - 発話・慣習・社会知に基づいた「まとまり」の認知 : 「NをV」の定型性の分析と比較

AU - 土屋, 智行

PY - 2015

Y1 - 2015

M3 - 記事

SP - 379

EP - 415

JO - 認知言語学論考

JF - 認知言語学論考

IS - 12

ER -