着座時の臀部圧力分布を用いた人物の同定の初期実験評価

林 健太, 石田 繁巳, 田頭 茂明, 福田 晃

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

本稿では,イスに設置した圧力センサを用いた人物同定手法を提案する.健康の維持や「座りっぱなし」生活の改善に向けたスマートチェアが提案されている.スマートチェアを用いたアプリケーションは同じイスに同じ人物が座ることを前提としているが,実環境ではこの前提が崩れる場合も考慮する必要がある.本研究では,圧力センサを用いて取得した臀部の圧力分布から特徴量を抽出し,教師あり機械学習によって人物を同定する.圧力センサを用いて実際に取得した臀部圧力分布データを用いて「誰が座っているのか」を推定する実証評価を行った結果を報告する.
本文言語Japanese
ページ(範囲)91-92
ページ数2
ジャーナル第81回全国大会講演論文集
2019
1
出版ステータス出版済み - 2 28 2019

引用スタイル