筑豊石炭資料の電子データ公開

研究成果: Contribution to journalShort survey

抄録

文部科学省の特別教育研究経費のうち基盤的設備等経費(文化的・学術的な資料等の保存)にかかる「炭素資源産地(筑豊石炭産地)関係貴重資料のデジタル化公開事業」プロジェクトについての概要を紹介した。筑豊地方の庄屋・大庄屋の資料である「古野家文書」「楠野家文書」や、筑豊の炭鉱企業であった「共同石炭鉱業株式会社資料」、民社党系の福岡県議であった宮崎太郎氏の蒐集資料のうち、個人情報の点などで問題のないものをネット上に公開した。
本文言語Japanese
ページ(範囲)1-2
ページ数2
ジャーナルKYUSHU UNIVERSITY MANUSCRIPT LIBRARY NEWSLETTER
5
出版ステータス出版済み - 3 2011

引用スタイル