継続的なストレスチェックを実現するためのスマートウォッチアプリケーションの設計と実装

松尾 周汰, 荒川 豐, 石田 繁巳

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

現代社会における日本ではストレスが大きな問題になっており、日常的なストレスの負荷は鬱病などの精神疾患へつながる可能性がある。しかし、心への負荷具合は身長や体重などの身体的特徴のようにすぐに測定して数値化することは難しい。質問票での測定は気分や記憶違いによって回答が変わる可能性があり、医学的装置による測定は高価であり手間もかかるため、日常的な測定は現実的でない。そこで、ウェアラブル端末での継続的なストレスチェックの方法を提案する。ユーザはスマートウォッチのアプリ上で現在感じているストレスを3段階のレベルで回答する。これにより、定期的に即時性を持ってストレスをチェックし、データの収集を可能にする。
本文言語日本語
ページ(範囲)299-300
ページ数2
ジャーナル第82回全国大会講演論文集
2020
1
出版ステータス出版済み - 2 20 2020

引用スタイル